始まりのピック(Pick Boy BLACK KNIGHT)

ブラックナイトとアシュラ
ブラックナイトとアシュラ

あれから10年近く経っただろうか?
GREEで知り合ったBさんから、最初にピックボーイのアシュラピックを頂いた。
ご本人デザインのピックということや、力学に基づいて作られていること…
ピッキングの矯正効果があること…
水牛の角を使って、インドで一枚一枚手作りされているため、大きさや厚みが微妙に違うこと…
発売するにあたって著作権を放棄した事など…
色々なお話を伺いした。
アシュラピックのときは、ああそうなんだと思っただけだったが、第2弾として発売されたブラックナイトを見たとき…
先端が尖ったピックの形状の美しさに新鮮な感動を受けたのを憶えている…

「いつか自分のオリジナルピックが作れたら…」


~Time goes by~


昨年の9月に某アマゾンのタイムセールで中国製の3Dプリンターを見て、普通のインクジェットプリンターと変わらない価格に驚いて、思わずポチッと…
それがオリジナルピック製作の始まりだった。

BLACK KNIGHT
BLACK KNIGHT Genuine Horn

BLACK KNIGHT-ブラックナイト-(ピックボーイ製品)

特徴

形状はいわゆるJazz系だが、先端は直線的に伸び、より鋭角的、肩部も湾曲しているが、角が張り出しているため、3方向が使用可で、変則トライアングル型とも捉えることが出来る。ボディ表裏の平坦面は外周から2〜3mmの幅でエッジに向かって、緩やかにテーパーがつくように研磨されているが、エッジ部分の角と側面はしっかりと残されている。


基本情報

形状

Jazz系(変則トライアングル)

材質

今までに5種類が発売されている。水牛の角、ローズウッド、鼈甲、真珠貝、牛骨。

サイズ

手持ちの未使用ブラックナイトで計測してみた。個体差については未使用品のストックが1枚ずつしかなかったので、材質ごとのサイズの範囲は分からなかったが、概ね、全長30mm、全幅27mmというところか。厚さは材質によって変わるようだ。(デジタルノギスで計測、小数点2桁目は四捨五入)

材質全長mm全幅mm最大厚mm備考品番
水牛の角(Genuine Horn)29.526.72.9GP-AS-BLK1
ローズウッド(Rosewood)29.826.63.0表記では約2mm厚GP-AS-RW-BLK1
真珠貝(M.O.P)28.626.62.2表記では約2mm厚GP-AS-MOP-BLK1
牛骨(Cow Born)30.527.03.0表記では約2mm厚GP-AS-CB-BLK1
本鼈甲(Genuine Tortoiseshell)28.926.51.0使用済参考値、表記では約1.2mm厚GP-AS-TT-BLK1


感想等

一時期、M.O.P.を好んで使っていたが、水牛の角(ミックスホーンと呼ばれることも有り)製がクオリティ、コスパ的におススメ。
同じ厚さの樹脂製ピックに比べて、抜けの良い鋭角的な先端と材質の質量の違いで、軽く弾いても、しっかりした音が出しやすい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です