初めての定番ピック!(HERCO NYLON HEAVY GAGE PICK)

NYLON HEAVY GAUGE表面(70年代後半)

NYLON HEAVY GAUGE 表面(70年代後半、当時改変したまま)

NYLON HEAVY GAUGE

NYLON HEAVY GAUGE 裏面(70年代後半)

このピックは余りにも多く取り上げられてきているので、記事にするのを躊躇っていたのだが…

ジミー・ペイジのファンになって以来、前々回記事にしたブラックナイトに出逢う前まで、長年使い続けてきた(間10年のブランク有り)定番ピックなので、外すわけにはいかないだろう。

HERCO NYLON HEAVY GAUGE (FLEX, VINTAGE ’66) PICK

変遷(私の記憶では…)

ライトグレーのFLEX75

ライトグレーのFLEX75表面(左がA.、右がA:)

ライトグレーのFLEX75裏面(左がA.、右がA:)

70年代後半に入手した銀色のモノは裏面のHERCOのロゴデザインがFLEX75とは違う…

(このロゴでリプロされたのが、現行のVINTAGE ’66シリーズ)

その後、シルバーのHeavy Gauge(ライトグレーのものもあるらしい)は入手困難になり…

再登場した時には、ライトグレーのFLEX75になっていた(ダンロップが版権を買い取った後?)…

この時代からFLEX75には少なくとも2種類の版(MADE IN U.S.A.部分がA.のものとA:のもの、1枚だけ手元にある現行のFLEX50はA.:となっている)があるようだ。

その後、シルバーのFlex75とゴールドのFLEX50が店頭に並ぶようになったような記憶がある。

最近、ビンテージのHEAVY GAUGE PICKの感触、柔軟性を再現した

HOLY GRAILが発売された。

※ダンロップのサイトではHERCOのロゴがある面が先に表示されるが、ここではNYLONと記された面を表面とした。

特徴

FLEX75(左)とFLEX50(右)表面

FLEX75(左)とFLEX50(右)表面

FLEX75(左)とFLEX50(右)裏面

FLEX75(左)とFLEX50(右)裏面

現在、関連するラインナップはFLEX、VINTAGE ’66、HOLY GRAILの3系統6種類。

形状は縦長で両肩及び先端が丸みを帯びる、いわゆるティアドロップタイプで、先端が鋭角的なJAZZタイプのものとは異なる。

ボディ表裏面の上半分には細かいドットが配置され、表には長方形枠内にNYLONの素材名、FLEXの場合はMADE IN U.S.A.、オリジナルとVINTAGE ’66の場合はHEAVY GAUGE、裏にはそれぞれ、FLEXの場合は丸に囲まれた内側にロゴマーク(斜めの4分音符と横長の六角形を組み合わせた図形の中にHERCO)とFLEX75、オリジナルとVINTAGE ’66の場合はAとロゴマークとPRODUCTがエンボスで記されている。

FLEX75(上)とVINTAGE '66 HEAVY GAUGE(下)の形状・サイズの比較

FLEX75(上)とVINTAGE ’66 HEAVY GAUGE(下)の形状・サイズの比較

サイズに関しては2枚重ねてみるとオリジナルとVINTAGE ’66よりもFLEXの方がボディの下半分から先端にかけての湾曲が緩く、直線的になり、ヨコ幅が若干スリム化(0.2mm前後)しているのが分かる。

基本情報

VINTAGE '66シリーズ

VINTAGE ’66シリーズ表面(左から、HEAVY GAUGE, LIGHT GAUGE, EXTRA LIGHT)

VINTAGE '66シリーズ裏面

VINTAGE ’66シリーズ裏面(左から、HEAVY GAUGE, LIGHT GAUGE, EXTRA LIGHT)

形状

ティアドロップタイプ

材質

NYLON(ナイロン)

※HOLY GRAILの紹介文からは他の現行のシリーズとナイロン素材が異なるように読み取れる。

サイズ

手元にある未使用ピック(HOLY GRAILは未購入のため空欄)で計測してみた。

以前購入したものはエッジ部分のバリが非常に気になったが、最近のものは綺麗に仕上げられている。

(デジタルノギスで計測、小数点二桁目は四捨五入、エンボスの厚み及びエッジ部のバリは除外)

※手元に唯一残る70年代後半のものは、残念ながら自らヤスリで削って着色したものなので、参考値として記した。

名称 全長mm 最大幅mm 最大厚mm 備考 品番
NYLON HEAVY GAUGE (29.1) (24.7) (0.9) オリジナル、シルバー、改変済
VINTAGE ’66 HEAVY GAUGE 29.4 24.8 0.9 シルバー HEV211
VINTAGE ’66 LIGHT GAUGE 29.4 24.8 0.8 ゴールド HEV210
VINTAGE ’66 EXTRA LIGHT 29.4 24.8 0.7 ホワイト HEV209
FLEX 75 29.5 24.8 1.0 シルバー HE211
FLEX 50 29.8 25.0 0.6 ゴールド HE210
FLEX 75 29.7 25.0 1.0 旧モデル、ライトグレー、U.S.A.
FLEX 75 29.7 25.0 1.0 旧モデル、ライトグレー、U.S.A:
HOLY GRAIL 未所有 HE777

感想等

Heavy Gaugeって表記で、ある程度の厚み(0.9〜1.0mm)はある。

駄菓子菓子、軟らかい…

ハードというよりミディアム〜ソフト…

ピックのシナリと反動を利用して弾く人には良いかもしれないが、一音一音、シッカリ弾くような速弾きには向いていない…

ギター初心者だった頃から、長年愛用していた定番ピック…

ピッキングスタイルが変わったせいで、触らなくなってしまったが、コレクションには欠かせない存在であることは間違いない。

Follow me!

初めての定番ピック!(HERCO NYLON HEAVY GAGE PICK)” に対して1件のコメントがあります。

  1. neko 69 より:

    HERCOのピック愛用してます。
    貴重な年代モノをお持ちですね。近年のしか持ってないので羨ましいです。
    是非ともFLEX 75の旧モデル、ライトグレー裏の画像も見たいです。
    HOLY GRAILとの比較も見てみたい!

    1. younosuke より:

      neko 69さん
      コメント、ありがとうございます。
      裏の画像は後日、アップさせていただきます。
      元々、ピックを収集するつもりもなく、自分に一番しっくりくるピックを求めて、様々なタイプのものを試して来ました。
      その結果、棄てるに捨てきれず、手元に残ったピックの資料化と、既製品に飽き足らず、自分でデザインし、3Dプリンターで製作したピックの公開を目的として立ち上げたのが、当サイトです。
      不定期的ではありますが、新しい記事をアップして行くつもりです。
      今後とも宜しくお願いします。

    2. younosuke より:

      neko 69さん
      裏の画像をアップいたしました。
      ご参考になれば幸いです。
      現時点ではHOLY GRAILは購入していないので、またの機会に。

  2. neko 69 より:

    画像追加ありがとうございます。
    ライトグレーのFLEX75は1980年代の前半まで流通していたそうですよ。
    私は80年代の末にギターを始めたのでその頃HERCOはどこも扱ってなかったです。
    ダンロップ版のHERCOは1992年~だそうです。
    自分もその頃シルバーのFLEX75を買った記憶があり、
    その軟らかさに、速いフレーズ弾けない!
    あらためてジミー・ペイジすげぇ!と思いましたw

    最近復刻されたHOLY GRAILとシルバーのFLEX 75、
    微妙に硬さが違うように…思います。
    機会があれば是非とも一枚、お試しください。
    レビュー楽しみにしています。

    ありがとうございました!

  3. younosuke より:

    neko 69さん
    ライトグレーのFLEX75を入手したの80年代中〜後半だったような気がします。
    デッドストックだったのかもしれないですね?
    ライトグレーのFLEX75は複数枚所有しています。基本的に私はコレクターではないので、ご希望でしたらお送りいたします。

  4. neko 69 より:

    younosukeさん
    うわぁー、めちゃ嬉しいです。一度並べて、比べてみたかったのです。
    お礼にyounosukeさんへHOLY GRAIL送らせていただきます。

    neko 69

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です